どんなメーカーが作っているの?素材による違いも知ろう!!

どんなメーカーがあるかを知っておく

色々なものを作る会社があります。日用品などであればよく知っている会社が作っているケースが多いです。その中から信用できる会社のものを選べばいいでしょう。しかし、日用品以外のものだと、それを作っている会社にどんな会社があるのかわからないかもしれません。サックスといえば管楽器の中でも人気の高い楽器です。主にジャズ音楽などで使われ、憧れて始める人もいるかもしれません。メーカーを調べてみると、サックスで最も人気のあるメーカーはあまり知られていないメーカーです。その他に有名な楽器メーカーのものもありますが、価格はあまり知られていないメーカーの方が高めです。さらには外国のメーカーもあります。

素材による違いや特徴を知っておく

サックスは管楽器の一つです。金属で作られていて、きれいに磨くと非常にきれいに輝きます。音も大事ですが、演奏時にきれいに見せるのも必要でしょう。サックスを選ぶとき、いくつかの素材があるのでその中から選ぶ必要があります。初心者であれば真鍮製がいいかもしれません。比重が軽く硬い金属になります。軽いので扱いやすいですが、合金であるがゆえに製品ごとに差が出てしまう可能性があります。実力者が本格的に音を出すのには向かないときもあります。銀は真鍮よりも比重が重くなり、柔らかいのが特徴です。銀そのもの以外に真鍮に銀メッキをしたものなどもあります。金は比重が重く、柔らかい金属です。非常にきれいに輝きますが、重みがあるので扱いにくくなります。

サックスとは1840年代にベルギーで生まれた楽器で、「サクソフォン」が正式名称となります。ボタンが多くある木管楽器の操作性と金管楽器の躍動感のある音を融合させる事を目的として作られました。