事前に知っていると得をする!?車検のノウハウ

車検を予約無しで受けることは可能なの?

予約無しで受けることは可能ですが、飛び込みになるため余計に時間がかかってしまったり断られるケースもあります。予約して受けるには明確な利点があります。早めに申し込めば早期割引が受けられ、中にはエンジンオイル無料交換などのサービスもあります。普段から有効期限をチェックし、車検が近づいたら予約することを忘れないようにしましょう。

ルームランプの色で車検に影響は出るの?

ルームランプの色は基準が決まっており、それ以外の色を使っていると基準を満たしていないと判断されます。車検が通らない可能性があるのはオレンジ色や赤色、青紫色などの場合です。車検検査では色の確認は検査項目に入っていませんが、保安基準の観点からは指定されている色の方が望ましいです。

車検の出す前と後でガソリンが減る理由

ガソリンが減る理由は2つあり、最も高いのが認定工場へ車検を出した場合です。距離によってはそこまでの往復分だけガソリンが減ります。もう1つはオイルやトランスミッションなどの交換を行った場合です。こちらの作業はエンジンを動かして確認するため、ガソリンを消耗する可能性があります。

車検代を節約するコツ

軽自動車の場合、車検代を節約するコツはユーザーが直接車両を持ち込むことです。業者を介さなければ法定費用以外の料金は発生しません。ただ予約はインターネットで申し込めますが、平日しか受け付けていないため休みを取る必要があり、慣れていない人にはハードルが高いでしょう。

ディーラーと車検専門店の違い

ディーラー車検の最大の魅力は信頼度と安心感です。車のメーカーそのものなので、どこよりも熟知しており消耗しやすい部品を見分けることができます。車検専門店の魅力は価格とスピードで、車検整備だけに特化しているため確かな品質があります!

車検が切れた車両はそのまま公道を走らせると道路交通法違反になります。公道での走行には市町村で発行する仮ナンバーの取得が必要なので、窓口で所定の手続きを行うのがドライバーの努めです。