力強さが魅力!ランドローバーを中古で購入する際のポイントを学ぼう!

オフロード走行を前提とした頑丈な作りが魅力

ランドローバーはイギリスの自動車メーカーが開発した大型のSUVです。軍用車に倣って作られた自動車なので、未舗装の荒れ地でも走行性能がほとんど落ちない力強さを持っています。実際にランドローバーシリーズの中には陸軍用の車両として採用されたモデルもあり、その馬力の強さはお墨付きと言えるでしょう。現在の自動車市場で流通しているランドローバーは民間用のモデルですが、オフロード走行にも十分に耐えられる頑丈な作りは変わっていません。そのパワフルな性能は世界中で高く評価され、日本でも走行距離が多い中古車が100万円を切ることはほとんどないと言えます。

高値安定なので金額よりも車両の状態で決める

ランドローバーは非常に頑丈な作りなので年式が古く走行距離が多い車両でも走行性能の著しい低下はほとんどありません。他の車種なら新車が購入できる金額で中古のランドローバーが売られていることも珍しくないので、安い車両を探すのは容易ではないと言えます。そのため、ランドローバーを中古で購入する場合は金額よりも車両の状態の良し悪しで決めるのが無難です。いくら頑丈な作りが長所であるランドローバーも事故歴があるとその性能が大きく下がる事実は否定できません。一部のパーツが他の年式から流用されている、外装に塗り直しやパテを使った補修の痕跡がある車両は走行性能に影響するほどの事故に遭った可能性があるので避けます。

ランドローバーは中古車でも高値安定が普通なので、極端に安い車両は何らかの不具合が疑われます。金額の安さだけで飛びつかず、なぜこの金額なのかを確認したうえで慎重に判断するのが上手な買い方と言えるでしょう。

ランドローバーの中古車は、少し古びたデザインであっても、新車同様にハイスペックの性能を堪能できるものが少なくありません。